日本全国にある通信制大学院ではどんなことを学べるの?


福祉関係のことを学べる通信制大学院とは?

通信制大学院は通信制大学と同じように日本全国にあるので、どこに住んでいても利用することができます。そもそも通信制大学院は毎日大学に通わなくてもいいので、大学院が自宅から少し遠くても通うことが可能です。通信制大学院ではどのようなことを学べるかというと、福祉や経営、医療や情報分野などです。福祉について学ぶことができる通信制大学院では、一人一人の興味に応じて深く掘り下げられたカリキュラムになっています。特に福祉臨床や精神保健、国際福祉などの分野を取り扱っており、高齢者や障害者への細かいケア方法というミクロな面から諸外国への比較などのマクロな面まで、さまざまな学びを行うことができます。

経営や医療を学べる通信制大学院とは?

経営の分野を学べる通信制大学院では、MBAを取得できるコースもあります。常に時代の変化に合わせて柔軟に対応できるカリキュラムになっているので、これからの社会に必要な知識を学ぶことができます。この通信制大学院はスクーリングなしで卒業することが可能です。卒業するために必要なMBAプログラムの単位を、すべてオンライン上で取得できるので、仕事が忙しくてスクーリングに通うことができない人にも最適です。医療の分野を学ぶことができる通信制大学院では、理学療法や作業療法、言語聴覚や臨床心理など、より実践的な内容を学ぶことができます。この通信制大学院では実学を教育の理念としており、ユニークな教育システムによって幅広い視野を持った人材を育成しています。

通信制大学院とは、社会人として働いている人などが放送授業やメディアを利用した授業などの通信手段で学問を学び、研究することができる大学院です。

Related Post

Read More
Read More
Read More