事業資金を上手に活用するには!?借入先と返済方法が決め手


主な事業資金の借入先とは

融資を受けるからには毎月利息の支払いをしなくてはいけません。事業資金を調達する前には、なるべく多くのローンの金利を比較しておきましょう。ノンバンク系は借入できる可能性が最も高いですが、金利が高いので利息は大きくなります。銀行は低金利を設定していますが、初めて事業資金を調達する状況では不利になります。審査では過去の財務状況を精査されるので、事業実績がないと不利になるわけです。一方で事業実績が豊富にあり、財務状況が安定しているなら銀行から借入できる可能性が高くなります。開業資金を調達する状況においては、ノンバンクや公的金融機関を活用するのが得策でしょう。日本政策金融公庫の融資は超低金利が設定されており、年率2%未満の融資も用意されています。

返済能力を知ったうえでローン選びを

事業資金を借入するうえで大切なのは、返済能力を把握することです。自分が月いくらまで返せるのか試算する必要がありますが、ここは返済期間も考慮して詰めていきます。半年などで完済するなら少し無理な返済計画でも乗り切れる場合が多いですが、返済期間が5年などの長期になると無理は禁物です。安定した黒字を達成できれば最高ですが、そうでない年度もあるでしょう。だからこそ余裕をもって返済計画を立てていく必要があります。収支のバランスを把握することは必須であり、利益は少なめに見積もっておくのが得策です。利益が少ない月も問題なく返済できる金額を設定します。特に貯蓄が少ない状況で事業をスタートする場合は、毎月の返済額は大きくしすぎないようにしましょう。

地元大学の教授や卒業生がつくったベンチャー企業に対して、地方銀行が技術の将来性を評価し、事業資金を出資してくれる事案が増加傾向にあります。これにより、地域経済の活性化も期待されています。

Related Post

Read More
Read More
Read More